HOME>記事一覧>治療回数はある程度多くなると認識しておく

治療は途中でやめないこと

診療室

上野で歯や歯ぐきのトラブルを治すなら、治療が完了するまで歯医者に通い続けましょう。痛みが引いたからと通院をやめてしまうと、再発する可能性が極めて大きいからです。膿んでいる歯根には無数の雑菌が存在しており、これらを完全に殺菌しなければ再発し、歯ぐきを腫れさせる原因になります。歯根の消毒には時間がかかるので、虫歯の治療においても1回で完了することはまずありません。

半年ごとを目安に通院しよう

上野の歯医者の通院頻度は半年ごとと考えておけば間違いないでしょう。半年で虫歯や歯周病が劇的に進行することは少ないためですが、これが1年ごとなどになるとリスクが大きくなります。何年も歯医者に行っていないという人であれば、自身では自覚をしていなくとも虫歯や歯周病がかなり進んでしまっている可能性があります。虫歯や歯周病は口腔環境が乱れている人ほどかかりやすいですが、不規則な生活の影響も大きいです。また遺伝要素も少なからず関係するので、口腔状況によっては3か月ごとに通院したほうがいい場合があります。例えば歯石がすぐに溜まる人であれば、歯周病に罹患するリスクが高いので、しばらくは3か月ごとの通院で様子を見てみましょう。

広告募集中